昭和元禄落語心中展

©雲田はるこ/講談社

艶美に描かれた諸行無常の想い。

八雲

yakumo

「昭和最後の名人」と称されるも、苦悩に満ちた半生を送る孤高の落語家、八雲を象徴する演目「死神」をモチーフに、人の世の儚さと美しさを表現しました。

  • 八雲

    yakumo

「昭和最後の名人」と称されるも、苦悩に満ちた半生を送る孤高の落語家、八雲を象徴する演目「死神」をモチーフに、人の世の儚さと美しさを表現しました。

三越伊勢丹限定

〈小倉染色図案工房〉
落語心中ゆかた地「八雲」

47,520円

綿100%

〈竺仙〉半巾帯

24,840円

麻100%
紳士・婦人のお仕立上り(62,640円)もございます。
※下駄は参考商品です。

1月17日(火)~21日(土)午後1時までに9階にて「落語心中ゆかた」をお買いあげの方、先着20名さまに雲田はるこ先生のサイン会を実施します。

・雲田はるこ先生のサイン会は1月21日(土)のトークショーの後、午後3時30分からの開始を予定しております。
・サイン会参加の20名さまには午後3時15分までに9階にご集合いただいた後、4階 サイン会会場へご案内させていただきます。
・サインは「昭和元禄落語心中展」オリジナルポストカードにさせていただきます。
・サイン会へのご参加は、原則1月21日(土)に銀座三越にご来店いただけることを前提とさせていただきます。
・当日のサイン会参加のキャンセルはご遠慮ください。

八雲の「死神」からはじまる物語

1巻
単行本表紙

前座、二つ目時代の高座名は菊比古。
苦悩に満ちた半生を送り、八代目として有楽亭八雲の名を継ぐも、弟子を一切取らない主義を貫く「昭和最後の名人」にして孤高の落語家。しかし、惚れて泣きつく与太郎を子犬を拾うかの如く弟子にしてしまいます。

八雲を代表する演目となるのが「死神」。
山のように借金がかさみ、女房にも愛想をつかれ、死のうとする男の元に死神が現れるというお話です。
死神は男に金儲けの方法を伝授し、男は見事金儲けに成功。しかし、ついつい欲が出てしまい、死神からやってはいけないと言われていたことに手を出し、男は取り返しのつかない事態に陥ってしまいます。

7巻
助六再び篇
其の八

7巻
助六再び篇 其の八

4巻
八雲と助六篇
其の七

4巻
八雲と助六篇 其の七

八雲を代表する演目となるのが「死神」。
山のように借金がかさみ、女房にも愛想をつかれ、死のうとする男の元に死神が現れるというお話です。
死神は男に金儲けの方法を伝授し、男は見事金儲けに成功。しかし、ついつい欲が出てしまい、死神からやってはいけないと言われていたことに手を出し、男は取り返しのつかない事態に陥ってしまいます。

7巻
助六再び篇
其の八

10巻
助六再び篇
其の十五

八雲は、この「死神」を刑務所の慰問会で披露したばっかりに、それを目の当たりにし、模範囚として満期で出所した与太郎にしつこく弟子入りを志願され、それを受け入れる羽目に。物語は八雲の「死神」をきっかけに始まるのです。