昭和元禄落語心中展

©雲田はるこ/講談社

風情豊かで人情味溢れる情景。

助六

sukeroku

助六

作中で「稀代の天才」と称される豪快で情熱的な助六と、彼の集大成ともいえる演目「芝浜」をイメージした、人情味溢れる風情豊かなゆかたです。

  • 助六

    sukeroku

  • 助六

作中で「稀代の天才」と称される豪快で情熱的な助六と、彼の集大成ともいえる演目「芝浜」をイメージした、人情味溢れる風情豊かなゆかたです。

三越伊勢丹限定

〈小倉染色図案工房〉
落語心中ゆかた地「助六」

47,520円

綿100%

〈竺仙〉半巾帯

24,840円

麻100%
紳士・婦人のお仕立上り(62,640円)もございます。
※下駄は参考商品です。

1月17日(火)~21日(土)午後1時までに9階にて「落語心中ゆかた」をお買いあげの方、先着20名さまに雲田はるこ先生のサイン会を実施します。

・雲田はるこ先生のサイン会は1月21日(土)のトークショーの後、午後3時30分からの開始を予定しております。
・サイン会参加の20名さまには午後3時15分までに9階にご集合いただいた後、4階 サイン会会場へご案内させていただきます。
・サインは「昭和元禄落語心中展」オリジナルポストカードにさせていただきます。
・サイン会へのご参加は、原則1月21日(土)に銀座三越にご来店いただけることを前提とさせていただきます。
・当日のサイン会参加のキャンセルはご遠慮ください。

人間の業と情の深さを体現

7巻
助六再び篇
其の八

7巻 助六再び篇 其の八

八雲と共に戦後の江戸落語会を牽引し、「稀代の天才」と称された落語家、助六。
落語に対する情熱は誰よりも強く、八雲とは対照的に豪快な性格の持ち主です。噺の登場人物を活き活きと演じ、場は常に活気に満ち溢れますが、ある出来事をきっかけに早逝してしまいます。

助六と小夏。
深い愛情で結ばれる二人。

八雲と共に戦後の江戸落語会を牽引し、「稀代の天才」と称された落語家、助六。
落語に対する情熱は誰よりも強く、八雲とは対照的に豪快な性格の持ち主です。噺の登場人物を活き活きと演じ、場は常に活気に満ち溢れますが、ある出来事をきっかけに早逝してしまいます。

助六を象徴する演目は数多とありますが、ゆかたのモチーフとして「芝浜」をセレクト。
腕はいいが、酒ばかり飲んで仕事に身が入らない魚屋の男が、芝の河岸で大金の入った財布を拾ってしまい、酒や肴を取り寄せ、大宴会を開いてしまいます。しかし目を覚ますと女房から、財布を拾ったのは夢だと言われ、宴会の借金を作ったことに呆然。

それからは一念発起し、真面目に身を粉にして働きますが、女房は男にある真実を隠していたというお話です。

八雲と助六
良き友であり、
ライバル。

助六を象徴する演目は数多とありますが、ゆかたのモチーフとして「芝浜」をセレクト。
腕はいいが、酒ばかり飲んで仕事に身が入らない魚屋の男が、芝の河岸で大金の入った財布を拾ってしまい、酒や肴を取り寄せ、大宴会を開いてしまいます。しかし目を覚ますと女房から、財布を拾ったのは夢だと言われ、宴会の借金を作ったことに呆然。

それからは一念発起し、真面目に身を粉にして働きますが、女房は男にある真実を隠していたというお話です。

助六が「芝浜」を演じるシーンは、助六の人生のまさにハイライト。
豪快で派手な生き方を歩んできた助六ですが、
暮らしの中の何気ない出来事や何でもないようなことを愛おしく感じる様子が情緒豊かに描かれています。